• よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • ご予約お申し込み
  • 会員ログイン
野中 悦子 コラム
  • カウンセリングへの想い ~あなたの気持ちをやわらげたいから
  • 東京メンタルヘルスご相談場所 カウンセリングセンター
  • カウンセリングの種類・ご相談方法・料金
  • あなたの心の声を聴く カウンセラーの紹介
カウンセラー
東京メンタルヘルス サービスメニュ
  • よくあるご質問
  • 研修会
  • 講座
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • ご予約お申し込み
  • 会員ログイン
カウンセリングセンター
フリーダイヤル 0120-922-308 携帯電話から03-3986-3475 月~土10:00~21:00 日10:00~19:00(祝日は定休日となります) 池袋カウンセリングセンター
  • 池袋駅 徒歩3分
  • 03-3986-3475(祝日:定休)
  • 月-土/ 10:00 ~ 21:00
  •   日/ 10:00 ~ 19:00
松戸カウンセリングセンター
  • 松戸駅 徒歩5分
  • 047-366-1879
  • (水日祝:定休)
  • 10:00 ~ 19:00
横浜カウンセリングセンター
  • 桜木町駅 徒歩3分
  • 0120-922-308
  • (水日祝:定休)
  • 10:00 ~ 19:00
立川カウンセリングセンター
  • 立川駅 徒歩5分~7分
  • 0120-922-307
  • (水日祝:定休)
  • 10:00 ~ 19:00
大阪カウンセリングセンター
大阪カウンセリングセンター
  • 京橋駅 徒歩10分
  • 06-6351-1927(火水:営業)
  • 14:00~18:00
  • フレンドスペースにて
Page 1 / 212
[2016年08月22日]

 愛着障害のある方は、好きな人とずっと一緒にいたいのに、過剰に甘えすぎて相手の負担となってしまったり、逆に反抗したり冷たすぎる態度をとってしまい関係がうまくいかなくなることが多いようです。

 

 それはなぜでしょうか・・・。愛着障害とは乳幼児期に保護者との安定した愛着を築けなかったことで引き起こされる障害です。

 

 例えば赤ちゃんはお腹が空いたり、おむつが濡れると泣いて知らせます。しかし、長期に渡ってその欲求が満たされないと人を信じることを諦めてしまうなどの社会的関係性の障害を残すこととなるのです。その症状として、子どもの場合は人間関係・コミュニケーションの苦手さ、衝動性や破壊的な行動、自尊心や尊敬心などの欠如がみられます。この問題を抱えたまま大人になってしまった方々の生き辛さは想像を絶します。

 

 その愛着障害の改善に必要なものは“安全基地”です。

家庭が危険地帯(DV・虐待など)であった場合、いつも緊張状態にある自分を押し殺すしか手段がありませんでした。そんな子ども時代を経験した心を和らげてくれるものが“安全基地”なのです。全てを受け止めてくれるホッとできる場所。自分が自分のままでいいと思わせてくれる場所です。

自分やパートナーが愛着障害を抱えていると分かったら、事実を2人で受け入れ一緒に克服してください。自分や家族、社会に対して否定的な捉え方をしてきた心を認め、癒し、自己肯定感を取り戻してほしいのです。そして今まで感じていた生き辛さを少しでも生きやすくなったと感じていただきたいのです。

 

 2人でこの困難を分かち合い歩み続けることができたなら、きっと恋愛も結婚も可能なこととなるでしょう。

 

 恋愛・結婚を諦めるのではなく、スタートはあなたの苦しみや寂しさを話す勇気です。そのお話をお聴かせください。ゆがんでしまった認知と向き合い、新しい自分に出会いましょう。

Page top
[2016年04月22日]

『私って変ですか?』と質問を投げかけられました。小学生のころから友達に「変だよね」とか「変わってるよね」と言われることがあるそうです。

 

表現のしようがない違和感をもちながら、集団(職場・学校)の中で毎日を送っている方など、思うようにいかない事ばかりが重なり自己否定や自己嫌悪に陥ってしまい自分が変なのだろうと心を閉ざしてしまうこともあるようです。

 

発達しょうがいに気づかず、自分を押さえてやり過ごすことを身に付けた後には、2次障害である不登校やうつ状態などが待ち受けています。そんな苦しみに出会ってしまう前に、まず自分は何に違和感や困難さを抱いているのかに焦点を当て、自分の課題に気づくことからスタートです。

 

相手の機嫌が読みにくく感情のキャッチがうまくできないので、不機嫌な相手をさらに怒らせてしっまた・・・なぜだろう?

こんな感じだった場合、相手の表情や感情をキャッチする練習をしたらどうでしょうか。

 

上司の「簡単でいいからやっといて」の指示にものすごく簡素に処理をしたら激怒された・・・なぜだろう?

こんな感じだった場合、曖昧な表現を具体的な指示で表現してもらえるように上司にお願いする言葉を用意しておいたらどうでしょうか。

 

これらの準備はカウンセリングで可能です。

 

心の健康を手に入れ、発達しょうがいであるからこそ、人との繋がりに喜びを感じる幸せを大切にしていきたいものです。

 

今の自分を深く知ることで上手な自分との付き合い方を一緒に見つけましょう。そして・・・自分を好きになってあげたいですよね。

Page top
[2015年11月21日]

今回は、ある例を共有させていただきます。

 

 Aさんは29歳の女性です。学生の頃は友達や先生、現在は職場の同僚や 上司とうまく付き合い続けることができずに生きづらさを感じていました。

 毎回今度こそはうまく振る舞って自分にとって居心地のいい場所にしようと努力しているのです。しかし、日にちを重ねていくと嫌いな人や信じられない人が増え、自分の居場所ではなくなっていく・・・人目を気にし、思っていることを誰にも言えず、苦痛な時間が増えてしまうのです。

 そんな辛い毎日をなんとか過ごしていたAさんですが半年が過ぎた頃、とうとう職場に行くと心は頑張ろうとしているのに体の方が拒否反応(めまい・頭痛・腹痛)を示すようになったのです。

 

⇓ カウンセリング ⇓

 

Aさんは大変厳しいご両親に育てられ、長女として妹はしなくていい手伝いも言い訳することなくこなしてきました。

 思ったことを口にすると全否定する勢いで怒鳴られます。友達と遊ぶ約束も家の手伝いが優先。自分の考えや感情には気づかないように両親の価値観に合わせて生きてきたのです。この事実を当たり前の事だと思い込み、自分を押し殺しているとは思ってもみませんでした。

 カウンセリングを重ねAさんは自分の考えや感情に気づき素直にその思いを受け入れ、過去の大嫌いだった自分を認めてあげることができたのです。 そして『先日、母親に自分の思っていることを言ってみたらあまりにもすんなり受け入れられて!!』と嬉しそうに話してくれたのです。

 今までは絶対的な存在である母に何も言えなかったAさんが“自分”の考えや感情の重要性に気づき“自分”を表現することをスタートできた瞬間です。

 少しずつ幼いころに傷付いた心についても両親に話していこうと計画中です。今の自分なら両親に自分の思いを伝えられる・・・ 成育歴の中で自己表現力を習得する機会をもてず、未熟なコミュニケーションにより他人との間に誤解や勘違いが生じ、人間関係がうまくいかなくなることを繰り返していたのです。

 これからはどの場面でも“自分”を表現していくことで、親に作られた自分と決別し自分らしい生き方を探していきたいと力強く語ってくださいました。

 

 カウンセリングを始めたころ、Aさんの大切な価値観は父親に言われ育った言葉でした。そして今・・・自分自身の大切な価値観を見つけました。

 

(個人情報の守秘のために、多少の修正等を行っておりますのでご了解ください)

Page top
[2015年07月21日]

 人と一緒にいるのは疲れる・・・でも、ひとりでいるのも寂しい・・・ わがままに聞こえるかも知れないけれど、これが本音だと語る大人がいます。

 学生の頃は集団生活の苦手さや困難さを必死になんとかやりくりして、周りと比べて自分は他の人と違うなと感じながら生きてきたと話してくれます。

 

 親は成長とともに“普通の子”になると信じてくれていました。  しかし・・・大人になっても本人の困り感は解消されず、社会的に自立しろと 投げ出されてもダメな自分を確信するばかりです。

 

 例えば、上司に会議での資料説明を任されましたが、人前で話すことが苦手で今までに何回も失敗(想定外のことが起こると頭が真っ白になり、その後ひと言も言葉が出ない)を繰り返しているAさんは ☆『会議など人前で話すのは苦手なので遅くても1日前には言ってください』 と伝えました。もちろんこの言い方でもAさんの思いは伝わるでしょう。 しかし、カウンセリングでアサーティブな伝え方を知り、 ☆『私は会議でできる限りうまく説明したいと思っているので、前日にお話しいただけると心の準備と練習ができて助かります』と言えることができたらいかがでしょうか?

 

たくさんの過去の苦い経験がネガティブな自分をつくりだし、意識しない発言までも否定的な表現になり、コミュニケーションに支障を与えているかもしれません。自分や他人に対するゆがんだ感じ方や考え方に気づいてみる。それがどんな人間関係をつくりだしているか探ってみる。ここからスタートです。 カウンセリングでは診断をしたり具体的な対処法をアドバイスしたりするのではなく、上手くいかないことの繰り返しで自分が嫌いになってしまっている心をほぐし、上手くいかなかった人生に希望の光が見えてくるようサポートさせていただくのです。

 

 診断が必要なら、医療へ。具体的な対処法が必要なら発達しょうがいの 専門機関や自助グループをお勧めいたします。

Page top
[2015年06月01日]

偏差値30の女子高校生が慶応大学に合格するというノンフィクション。

この金髪女子高校生の母親が娘を信じ、周囲の人たちにもひたすらいい子だと伝え続けます。夫婦関係が悪く、家の中はいつも不安定・・・子どもたちの安らぎの場とはほど遠いギスギスした状況です。

 

長年この家族はこうして生きてきました。しかし、子どもたちの様々な困った行動や挫折を目の当たりにし、父は父なりに母は母なりに“このままでは違う”と気づき、家族のあり方を考え始める姿がみられます。

 

心理学に家族システム論というものがありますが、これは家族をひとつのシステムとして捉え、夫婦・親子・きょうだいの関係性やコミュニケーションのとり方が相互に影響しあうとされています。 例えば、このシステムに不具合が生じるとバランスを安定させようと無意識のうちに子どもが不登校になり無言のメッセージ(家族が自分に注目することで同じ方向を見て欲しいなど)を送ってくれたりします。

 

ひとつの家族とはいえ代々受け継がれてきたものがあり、現状維持の傾向が強いのが現実です。しかしそんな中、家族がうまく機能するためにそれぞれが自己理解し、家族理解を深めることで前進し始めるのではないでしょうか? 決して今の家族が悪いわけでも間違っているわけでもない。少し家族を見つめる角度を変えたり多方面からみ見てみる・・・ カウンセリングで自己理解・家族理解をすることで、家族の中に現在ある、過去にあった苦しみをやわらげていけると確信しています。

 

            ビリギャルでは家族の自己治癒力を魅せられました!!

Page top
[2014年09月22日]

かつて、仕事と家庭の両方で変化があり、私にとってはキャパオーバー。

人に挨拶をするのも避けたいほど憂鬱な気分が続いた時期がありました。

今までの人生の中で『最低限挨拶は必要でしょ!!』と信じてきたのに・・・

それができない自分に初めて出会ってしまったのです。

 

 どうしよう・・・今までの自分とも理想の自分ともかけ離れた感じ。

ただその状態を毎日なんとかやりくりして、どうにか脱することができないかと考えながら必死に過ごしていました。

 

そんな時、“自分のことを人に話せる自分”の存在に、そして聴いてくれる人の存在に救われました。

ありのままを人に話し、今のよくわからない状況を、誰かが一生懸命に聴いてくれる。何度か話をじっくり聴いてもらうとだんだん自分のよくわからなかった心がクリアになり、安心感が得られ、元気が回復していくのを感じました。

きっと聴いてくれた人が私の気持ちや考えを理解しようと心から向き合ってくれたからだと思います。

 

人に自分のことを話すのは勇気が必要かもしれません。

それは当然ですよね。自分の嫌な部分と向き合うのですから・・・

 好きではない自分を見つめることは正直、苦しいことのほうが多いかもしれません。しかし、今まで避けていたものに向き合ったことで、自分の自信になったり、新しい自分を見つけられたように思います。あのとき、勇気を出して一歩を踏み出してよかったなと、今は思えます。

Page top
[2014年07月03日]

子どもの幼稚園で役員を引き受けたAさん。

やる気十分で打ち合わせにも出席します。その中で次々と説明される仕事。

パソコンで作成するお手紙・先生とイベントの打ち合わせ・イベントに必要なグッズの買い物・・・

Aさんはやれると本気で思い、すべての仕事を引き受けてしまいました。

まわりの役員はみんな『助かる、ありがとう』と言ってくれ、頼りにしてくれたのです。

 しかし・・・現実的にこれらの仕事をすべて一人でこなすのは無理です。

なぜ、Aさんは本気でできると思ったのでしょうか?

 

Aさんは学生の頃から予定を立てたり、時間配分を考えることが苦手でした。

提出物が間に合わなかったり、待ち合わせには必ず遅刻したりを繰り返していたのです。

昔から時間的な感覚をもつことが上手くいきません。

結局、今回もギリギリになって『できない』と伝え、反感を買い信頼も一気に失いました。

せっかくのやる気も後悔だけが残ります。

実は自分が“苦手“と思っていることは、その苦手の中身を分解すると、苦手の原因が見えてくるのです。

 

カウンセリングでは、同じような場面が目の前に訪れた時、まずそれに気づくことから確認し、上手く進めるよう事前にシミュレーションしておきます。

 

例えば、企画の説明を聞き始め気持ちの“やる気部分”が上昇してきたとき、

自分はどんな感情をもち、どんな行動をしたくなるのかを知っておきます。

そしてカウンセリングでシミュレーションした感情や行動が自分に始まったら、“これだ”と気づき冷静に客観的にその状況を見つめられるのです。

これまで無意識だった気持ちや自分がとってしまいがちな行動のパターンを、意識することができるようになると、気づきの力が高まっていきます。これを続けていくことで、自分自身のコミュニケーションの取り方にも良い変化が生まれるのです。

 

でも、成功しなくても、また失敗をしてしまっても精一杯対処しようとした気持ちは本物です。

そんな自分を少しずつでも受け入れていかれるようにしたいですね。

 

今回は幼稚園ママのケースでしたが、会社での仕事や現在学生で同じように悩まれていらっしゃる方も多いと思います。

 

まずは、自己理解からスタートしませんか?

Page top
[2014年05月30日]

大人になってから自分で気づく違和感・・・

子どもの頃に親や先生が気づく育てにくさ・・・

発達障害という言葉が気になり、調べ始める時期は様々でしょう。

 

病院へ行き、診断をもらい“ほっとした”M君のお母さん。自分の育て方のせいではなかった・・・

これからはM君を理解し、認めてあげたいと笑顔で話してくださいました。

 

学校から何度も呼び出され、謝り続け疲れ果てて相談にみえました。M君は

落ち着きがなく、いつでも頭に浮かんだことが全て口から出てしまい『授業の妨げになる』と先生に言われてしまいました。他にもこだわりが強く、ドッジボールのルールを守らなかったクラスメイトを許すことができず、休み時間後も怒り続け、悔しさから涙もとまりません。M君には気持ちの切り替えがとっても難しいようです。

お母さんは悩んだ末に、病院へ行き診断を受けました。当然、診断直後は複雑な思いもあり、涙をたくさん流されました。しかし、この診断を担任の先生にもご理解いただき、担当医の指導のもと学校側とも今後のサポートについて前向きに取り組めるようになりました。

そしてなによりもお母さんが安心したことで、M君の様子に変化が・・・

表情が穏やかになり、以前よりも落ち着いていられる時間が増えたのです。

 

M君の場合、慎重に検討した上で、病院⇒診断を選択しました。

このことがM君にとっても、ご家族にとっても学校にとっても大きなプラスになったと確信できます。

 

悩んで、苦しんで・・・行きづまって・・・

どうしたら良いのか分からなくなっても、あきらめないでください。

一緒に笑顔になれる場所を探してみませんか?

Page top
[2014年04月23日]

大人になってから自分で気づく違和感・・・  

子どもの頃に親や先生が気づく育てにくさ・・・  

発達障害という言葉が気になり、調べ始める時期は様々でしょう。

 

 『病院へ行くには抵抗感が強い。まずはカウンセリングから』とおっしゃって来室された

20代男性のAさん。

小学生の頃は、じっとしていられず授業中は立ち歩き、気に入らないことがあると友達に

手や足が出てしまい、いちにちに何回も先生に怒られていたそうです。  

その頃の自分は、“おとなしくしなくちゃいけないし、ケンカだってしちゃいけない!!”と

一生懸命、思っていたそうです。  

そんなAさんも中学生になる頃は、授業中に立ち歩くこともなく、気に入らないことがあっても

言葉で表現できるようになっていました。  

大人になった今も仕事中に立ち歩きたくなるようなことはありませんが、手や足を動かさずに

じっとしていることができません。特に困るのは、会議中や取引先との商談中です。

じっとしていなければと思えば思うほど、注意散漫になり、話に集中できなくなってしまいます。

当然、相手に与える印象も懸念されます。  

 

カウンセリングでは、始めにどの程度じっとしていられないのかを再現し、自分の現状を客観的に

見ることからスタートです。

続いて、手足の動きはハンカチを握りしめるなどの行為(人に気付かれない程度)に置き換える

ことが可能なのかを、実際に職場で試してみます。

そして、心のコントロールも重要です。

この程度なら人は気にしていないと納得がいけば落ち着けるでしょう。  

 

Aさんの場合、病院⇒診断を焦らずに自分の現状を把握し、改善のために何かをチャレンジしてから

改めて考えても遅くはないのではないでしょうか?  

自己理解が進むことで、心も落ち着き楽になれるかも知れません。

 

悩んで、苦しんで・・・行きづまって・・・

どうしたら良いのか分からなくなっても、

あきらめないでください。

一緒に笑顔になれる場所を探してみませんか?

Page top
[2014年02月20日]

 『毎日2時間、娘と一緒に勉強をしています。』とおっしゃるお母さん。

娘さんは小学校4年生のかわいらしい女の子Yちゃんです。

こんなに頑張って教えているのになぜか漢字を覚えてくれません。

算数は得意です!!国語だって漢字以外は問題ありません。

 

『自分の教え方が悪いのか?どうしたら、せめて人並みに漢字が書けるようになるのか』と、

困り果てて相談にみえました。

 

お話を伺うと、お母さんは本当に根気強く娘さんに教えていらっしゃいます。

でも、覚えたはずの漢字が翌朝には忘れていたり、へんとつくりが逆になったり・・・

思わず怒って泣かせてしまうこともあると、お母さん自身の気持ちの限界も話してくださいました。

 

そこで、Yちゃんは何がどこまでできて、どこからつまずいているのかを担任の先生にも

確認を取りながら探っていきました。

するとわかってきたことは、ひらがなとカタカナは大丈夫。

漢字も1~2年生で習った字はほぼ大丈夫。3年生ころから習う画数の増えた漢字に対して

困難を感じているようなのです。

 

 Yちゃんは1~2年生の漢字はほぼ大丈夫と言いましたが、書き順は正しくありません。

字を字としてではなく、なにか形・・・図形としてとらえているような、一度書いた箇所を

また戻って書きなぞったりしながら完成させていくのです。

 

Yちゃんにとっては、画数の多い漢字を記憶し、テストや作文で思い出しながら書くことが

どんなに大変な作業なのでしょうか・・・。

 

 

発達障害の中に学習障害(LD)と呼ばれるものがあります。

 

知的にもコミュニケーションにも全く困難を感じていないのに、

「読む・書く・計算する・推測する」などの中で1つだけ困難さを

感じる場合があります。

(いくつか重なることもある)他には何も問題がないので、本人の努力不足だと思われ、

周りからも理解されず苦しむことが多くあります。

 

では、Yちゃんはもう一生、漢字をあきらめなければならないのでしょうか?

 

違います!! 学校の先生のお力も必要でしょう。

Yちゃんとお母さんと学校とカウンセラーが協力してサポートしていけば、

Yちゃんもお母さんも必ず楽になれます。

 

 お一人で悩まず、まずは“今の大変さ”をお聴かせください。

 

※この事例はいくつかのケースを組み合わせてあります。

Page top
よくある相談の一覧へ

利用例の一覧へ
まずはお気軽にご連絡ください メールでのお問い合わせ いつでもお待ちしています 各種ご相談お申し込み