• よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • ご予約お申し込み
  • 会員ログイン
【ゲシュタルト】高畑 キヤ子
  • カウンセリングへの想い ~あなたの気持ちをやわらげたいから
  • 東京メンタルヘルスご相談場所 カウンセリングセンター
  • カウンセリングの種類・ご相談方法・料金
  • あなたの心の声を聴く カウンセラーの紹介
カウンセラー
カウンセリングセンター
フリーダイヤル 0120-922-308 携帯電話から03-3986-3475 月~土10:00~21:00 日10:00~19:00(祝日は定休日となります) 池袋カウンセリングセンター
  • 池袋駅 徒歩3分
  • 03-3986-3475(祝日:定休)
  • 月-土/ 10:00 ~ 21:00
  •   日/ 10:00 ~ 19:00
松戸カウンセリングセンター
  • 松戸駅 徒歩5分
  • 047-366-1879
  • (水日祝:定休)
  • 10:00 ~ 19:00
横浜カウンセリングセンター
  • 桜木町駅 徒歩3分
  • 0120-922-308
  • (水日祝:定休)
  • 10:00 ~ 19:00
立川カウンセリングセンター
  • 立川駅 徒歩5分~7分
  • 0120-922-307
  • (水日祝:定休)
  • 10:00 ~ 19:00
大阪カウンセリングセンター
大阪カウンセリングセンター
  • 京橋駅 徒歩10分
  • 06-6351-1927(火水:営業)
  • 14:00~18:00
  • フレンドスペースにて
十分安全な場を感じることで古い傷を体感し痛みを表現する選択をするようになります

「今、ここで」の安全性に対する信頼は、十分安全な場と感じることで古い傷を体感し痛みを表現する選択をするようになります。
過去の苦しみや感情や感覚や記憶は信頼と配慮という特定の状況のもとでよみがえり癒されます。

ゲシュタルトで一緒に考えませんか?

ゲシュタルト療法は1950年代にフレデリック・パールズによって開発された精神療法です。
「今、ここでの気づき」のプロセスを重視します。
自分の気づきの体験を持とうとすることで、どなたでも体験することができます。

こんな症状でお悩みの方へご案内
  • 人間不信感を抱いている方
  • 育児ノイローゼでお悩みの方
  • 定年後の夫婦不在でお悩みの方
  • アダルトチルドレンでお悩みの方
この療法についてもっと詳しく見る
高畑 キヤ子
自分の確かさを呼び覚ましてくれます。message

自分自身の気づきは、いつも私たちの身近にあります。
苦しみや悲しみ、嘆き、怒り、その他のどんなものであれ抑圧しているものをどうやって感じないようにしているかに気づいた時点で、これまでをはるかに越えるエネルギーと興奮が「今」という瞬間に流れます。豊かで感動的でもあります。

私の責任は、彼らが何を選択したとしても、クライエントと共に「今、ここに」居ることです。
「今、ここでの気づき」に焦点を当て続けることが、ゲシュタルトのワークで最も重要な要素になります。
「今、ここで」の安全性に対する信頼は、十分安全な場と感じることで古い傷を体感し痛みを表現する選択をするようになります。
過去の苦しみや感情や感覚や記憶は信頼と配慮という特定の状況のもとでよみがえり癒されます。

その場に関わる参加者、クライエント、ファシリテーター、どんな役割であれ、その人のより大きな全体性を促進していきます。
「今、ここでの気づき」という響きは、自分の確かさを呼び覚ましてくれます。

Page top
経歴・資格・講演などの実績

29歳の時、日本カウンセリングセンターにてカウンセリングを受ける。更にカウンセラーへの道研修5年間を経て、都内婦人会館相談員4年、東京メンタルヘルス・アカデミー認定 心理カウンセラーを得て、A精神病院心理カウンセラーとして16年間従事。個人カウンセリング・グループカウンセリング・心理セミナー等を実践。現在もカールロジャースの人間観、ユングに学ぶカンファレンス、自分に気づくゲシュタルト療法等を学びながら、各地で実践中。

わたしがカウンセラーになろうと思ったきっかけ take ones lead from 高畑 キヤ子

心身症克服のためにカウンセリングを受けたきっかけでカウンセラーに

20代の前半、心身症になりそれを克服するために、個人カウンセリング、
グループカウンセリング講義等を受けました。

健康になるにつれ、人間の中に内在しているそれでも生きようとする前進力を信じられるようになりました。
今は、出会いのその時のその人にいのちの何かを感じられたらと自分に願っています。

おはなしを聞き、一緒にあなたと考えていく上で、私が心がけていること care about

ゲシュタルトワークの場合は、場の安全、安心が重要になります。

受容的な雰囲気作りとその人を感じられる傾聴を心がけています。
感情を表現する時に、叩いても抱きしめても安全な座布団やクッションをつかいます。

Page top
まずはお気軽にご連絡ください メールでのお問い合わせ いつでもお待ちしています 各種ご相談お申し込み